目の前の扉を開く

恥ずかしいって思うけど

それでもやってみようと思う。

人から好かれるとか愛されるとか受け入れて

そういう器を広げながら

前進していきたい。

好かれたり、愛されたりそれってめちゃめちゃ恥ずかしいけど恥ずかしさを受け入れて

愛情を受け入れて…。

今までも、そうやって自分の器を広げていくと、信じられないくらい、どんどん扉が開いていった。

人って、きっと、この恥ずかしさとか、

愛情を受け入れるってことから逃げ出したくて、スキルアップとかに逃げたり、夢や目標はありません。とかに逃げるんだよね〜

活躍しちゃうのが怖くてね〜

どんなジャンルでも、たくさん活躍してる人たちって、どこかでこの愛されるってことを、きっと受け入れてると思う。

関連記事

  1. どう食べるか? 感謝のバイブレーション

  2. 言葉の力

  3. 秋に向けて

  4. 幸せであることに理由なんていらない

BLOG