どう食べるか? 感謝のバイブレーション

友達とランチに出かけたりすると、たまに

「こんなの食べたら太るわ〜」

と言ってから食べる方がいらっしゃいます。

そうすると、自分が食べ物に そのバイブレーションを入れて食べる事になります。
結果、本当に太ったりします。

例えば、転んで泣き出した小さな子どもに「痛いの痛いの、飛んでいけ〜!」とおまじないをかけると、泣きやむ子どもがいますよね。

あのおまじないも、言葉かけで痛くない状態を作ってしまいます。

貴方の身体に入れる前に、バイブレーションを変える目的で、日本では古くから、お箸を横に置いて結界を作り、食べる前に「頂きます 」と感謝を持って 食べ物の状態を変えているのです。

実は、何かを食べる時は、何を食べるかより、どう食べるかが大事なのですよ。

関連記事

  1. 幸せであることに理由なんていらない

  2. 落ち葉料理

  3. 言葉の力

  4. 秋に向けて

  5. 目の前の扉を開く

BLOG